出口歯科医院

抜かない虫歯治療About

  • HOME
  • 抜かない虫歯治療

抜かない虫歯治療

みなさん、歯科の治療で最も重要な治療ってなんだか知っていますか?
被せ物でしょうか、抜歯でしょうか、入れ歯でしょうか?
それは根管治療(歯の神経を取る治療)と歯周病治療です。
二つとも歯をかぶせる土台の治療でありこれこそが歯の長持ちに直結するんです。
なぜ一度治療した歯が痛むのでしょうか?

根管治療(歯の神経を取る治療)を行なった歯はその後何度も治療はできません。つまり最初の1回が大切なんです。
しかし日本の根管治療の成功率はとても低いというデータがあります。

唾液の中には歯垢(虫歯菌)がいっぱいです。
このグラフは根管治療を行い2年後に何%の歯の根っこに膿が溜まっているかを表したグラフなのですが
驚くべきことに70%近くの歯に膿が溜まっていたとの報告があります。
唾液の中には歯垢(虫歯菌)がいっぱいです。
唾液の中には歯垢(虫歯菌)がいっぱいです。
治療中に唾液が歯の中に入ると何年かして歯の中で虫歯ができ、根の先に膿を貯めるからです。
治療中に唾液が歯の中に入ると何年かして歯の中で虫歯ができ、
根の先に膿を貯めるからです。
治療中に唾液が歯の中に入ると何年かして歯の中で虫歯ができ、根の先に膿を貯めるからです。
そこで唾液が入らず治療を行うために出口歯科医院では
保険治療でも可能な限り
ラバーダムというゴムのマスクを使います。
ラバーダムの装着率は日本中の歯科医院で約5%です。
ラバーダムの装着率は日本中の歯科医院で約5%です。
その理由としてやってもやらなくても同じ費用である保険診療のルールがあるためあまり浸透していません。
しかし、歯科医師として自分の行う治療がより長持ちしてほしいため出口歯科医院ではラバーダム治療を推奨しています。
実際の写真
実際の写真

歯を残すこだわりの治療

MTA神経保存治療

真ん中の歯に大きい虫歯がありますが肉眼ではわかりません。

MTA神経保存治療

レントゲンで見ると、神経に近い虫歯があります。

MTA神経保存治療

実際に削ると茶色い虫歯があります。

MTA神経保存治療

青く染まった虫歯です。

MTA神経保存治療

虫歯を取りきると神経が出てきました。

MTA神経保存治療

出血が止まるところまで神経を掃除して
MTAという神経保護薬を置きます。

MTA神経保存治療

最後にプラスチックで緊密に蓋をします。

MTA神経保存治療

処置後です。

MTA神経保存治療

神経保護の利点
歯がたくさん残る。 歯の根っこに膿をためずらくなる。

欠点
20〜30%の確率で神経が死んだり、痛みが出る。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

お家でできるホワイトニングです。
個人差はありますが1ヶ月ほどで白くなります。
1年ほどで徐々に元の色に戻ってくるため定期的に行う必要があります。

インプラント

ホームホワイトニング
ホームホワイトニング

当院ではドイツ製の安全なストローマンを用いたインプラントを使用しています。

入れ歯

入れ歯

噛める入れ歯治療に力を入れています。

ブリッジ

ブリッジ

歯を失った部位に歯を入れる方法です。
治療後は歯間ブラシを通しましょう。

矯正

矯正

取り外し式の矯正も行なっています。

知らないうちに進んでる!?
歯周病治療に力を入れています。

知らないうちに進んでる!?歯周病治療に力を入れています。

歯周病とは歯を支えている病気が知らないうちに溶けてしまい最終的には歯を失う恐ろしい病気です。
これを改善するには患者さん自身のセルフケアが非常に重要になります。
出口歯科医院の副院長は業界でも珍しい自分で歯ブラシを使い患者さんに教えたがる歯ブラシ好きです。
是非ご相談ください。

知らないうちに進んでる!?歯周病治療に力を入れています。

当院では患者さんに対して使い捨て歯ブラシ、歯間ブラシを用いて清潔、安全に治療を行なっています。