熊本市南区の歯医者|出口歯科医院

虫歯についてAbout

  • HOME
  • 虫歯について

一度削れば戻らない!?虫歯について

歯がなくなる病気の大きな原因の一つが虫歯です。
その原因は何かご存知でしょうか?それはプラークと呼ばれる
細菌が原因です。白いドロッとした物質ですが食べかすではありません。

熊本市南区の歯医者、出口歯科|細菌

Stage1
C0

表面のエナメル質が虫歯菌が原因で溶かされている段階です。症状はほぼありません。

一般的には再石灰化する場合があるので削らなくても良いと言う考え方があります。
しかし歯と歯の間の虫歯であれば再石灰化は期待できないので確認できた場合は治療が必要になる場合があります。

熊本市南区の歯医者、出口歯科|C0

Stage2
C1

表面のエナメル質に虫歯が進行し穴が開き始めている状態です。この状態でも症状はほぼありません。

穴を埋める為の治療が必要になります。
詰める材料はプラスチック、銀歯、セラミックなどがあります。

熊本市南区の歯医者、出口歯科|C1

Stage3
C2

象牙質という内部の柔らかい層に虫歯が進行した状態です。この状態になるとしみる症状が出てきます。

治療法はC1の様に詰める治療になりますが、場合によっては神経を取る治療が必要になります。

熊本市南区の歯医者、出口歯科|C2

Stage4
C3

虫歯が神経にまで進行した状態です。症状はズキズキと痛む、夜痛む、冷たい物がしみます。

歯科用語で歯髄炎という状態になり、ここまで進行すると歯の中の神経を取る必要性が出てきます。ただ神経を取ると、歯が割れやすくなったりするのでこうなる前に治療をしたいところですね。

熊本市南区の歯医者、出口歯科|C3

Stage5
C4

虫歯を放置していた場合、歯の中が完全に腐ってしまっている状態です。この時の症状として熱いもので痛みが出たり、膿がたまったことが原因でズキズキ痛む場合があります。

残根状態といい、根っこしか残っていません。こうなると多くのケースで治療法が抜歯になってしまいます。

熊本市南区の歯医者、出口歯科|C4

出口歯科医院の歯が長持ちしやすくなる
虫歯治療について

虫歯菌は唾液の中にいます。治療中に唾液が入るのは
再度虫歯になるリスクが高くなります
ですので大切なのは処置中に虫歯の原因の唾液を入れないことです。

出口歯科医院では虫歯の再発が起きない様にラバーダムという
唾液を入れない器具を使い歯が長持ちしやすくなる治療に力を
入れています。

また拡大鏡という歯を6倍に拡大して診ることができる器具を
用いて精密な治療を心がけています。

熊本市南区の歯医者、出口歯科|ラバーダム

痛みの少ない治療にも力を入れています。

①強力な表面麻酔を塗ります。

麻酔の最初のちくっとする痛みを軽減させるためにペンレスという表面麻酔を使います。またジェル状ではないため喉の奥に流れて嫌な味がしないのも利点です。

②超極細の針を使います。

当院では30、33、35Gという超極細の針を使い分けています。
細い針を使うことで針が刺さる時の痛みを大きく軽減させます。

熊本市南区の歯医者、出口歯科|麻酔