熊本市南区の歯医者|出口歯科医院

乳歯と大人の歯の関係About

  • HOME
  • 乳歯と大人の歯の関係

乳歯だったら大丈夫?乳歯と大人の歯の関係

「乳歯の虫歯になっちゃったけど、大人の歯は大丈夫だよね?」
そう思われている方もいらっしゃると思いますが実はものすごく
関係しています。

赤ん坊の頃には虫歯菌はいませんが小さい頃のスプーンや箸での親からの
食べ与えなどで子供に悪い菌が感染します。
唾液の中に細菌がいるのですが虫歯になりやすい子の唾液には
虫歯を引き起こす悪い細菌が多くいるんです。

ではそんな子が乳歯が全部なくなって大人の歯に変わったから
悪い菌がいなくなるかというとそんなことは無いんです。

熊本市南区の歯医者、出口歯科医院|子供

結論は乳歯の虫歯が多い子は大人の歯も虫歯になりやすいんです。
大人の歯を虫歯にさせない為には乳歯の頃からしっかり
と予防をしていくことが大切です。ではどんなことを気を
つけるべきでしょうか?

①大人が使った箸やスプーンを子供と共有しない

虫歯菌の1番近い感染源は周りにいる大人です。
箸やスプーンを使った食べ与えは悪い菌を子供に
与えてしまいますので気をつけましょう。

熊本市南区の歯医者、出口歯科医院|大人から感染

②周りにいる大人が虫歯、歯周病治療を行う。

周りにいる大人が虫歯、歯周病にかかっているといくら子供の虫歯予防
を頑張ってもあまり意味がありません。
周りにいる大人の方は一度歯科医院で定期検診を受けてください。

熊本市南区の歯医者、出口歯科医院|定期検診

③おやつのダラダラ食べをさせない

虫歯は口の中に砂糖が入っている頻度、食べる量に関係しています。
特に重要なのがおやつを食べる頻度です。虫歯は虫歯菌が出す酸で
歯を溶かしていくんです。砂糖は口の中を酸性の状態にするため
、虫歯菌を助長します。

1日に何度もおやつを食べるとそのたびに口の中が酸性に傾くため虫歯
になりやすくなります。まずは1日のおやつを一回にしましょう。

熊本市南区の歯医者、出口歯科医院|虫歯の原因

④お家での仕上げ磨きを頑張る

10歳までは子供は自分でうまく歯磨きができません。
ですので可能な限り夜1回は仕上げ磨きをしてあげましょう。

熊本市南区の歯医者、出口歯科医院|仕上げ磨き

⑤フッ素を使いましょう

フッ素は歯を硬くしたり虫歯菌の発育を抑制をすることができます。
子どもの歯は萌えたてが柔らかく虫歯になりやすいんですが、その分
フッ素を取り込みやすく虫歯の抵抗力をつけることができます。

早いうちが効果があるのでなるべく早く使い始めましょう。

熊本市南区の歯医者、出口歯科医院|フッ素

⑥子供も早めに定期検診に行きましょう

虫歯は乳歯が萌え終わる3歳頃から増えてきます。その前から
歯科医院に通うことで劇的に虫歯を減らすことが可能です。
また歯科医院に定期的に行くことでその時に応じたケアの事を
教えてもらえるので早いうちから通いましょうね。

熊本市南区の歯医者、出口歯科医院|子供の定期検診