歯周病の話About

  • HOME
  • 歯周病の話

痛くないのに歯が抜ける!?歯周病の話

「昔より歯が長くなった。」「虫歯もないのに歯がしみる…」そんなことってありませんか?もしもそうなら歯周病かもしれません。では歯周病ってどういう病気なんでしょう?

歯周病は歯を支えている骨が溶けてしまい、最終的に歯が抜けてしまう病気です。では原因はなんでしょうか?それはプラークが原因です。白いドロッとした汚れで細菌の塊なんです。

熊本市南区の歯医者、出口歯科|歯周病の流れ

ただ骨が溶けるというのは痛そうですが症状はほとんど痛くありません。
気づかないうちに歯を支えている骨が溶けていきます。そして歯が
動き出した頃にはもう手遅れというケースが多いです。

熊本市南区の歯医者、出口歯科|歯周病の進行

歯周病は治るのか?

でも歯周病の治療をすれば元に戻るんでしょ?というところですが
歯周病で失った骨は元には戻りません。骨の位置はそのままです。
できることはこれ以上進行させないという方法しかありません。

熊本市南区の歯医者、出口歯科|歯周病の進行

歯周病の悪影響について

歯周病の悪い影響は歯が抜けるだけではありません。
全身的な病気や口の困ったトラブルにも大きく関係しています。

熊本市南区の歯医者、出口歯科|歯周病の全身への影響

①脳梗塞や心筋梗塞に関係している
歯周病の炎症が常にあると血管内の免疫細胞がたくさん出現し
血管をつまらせる血栓ができます。これが大きな欠陥に詰まると
脳梗塞や心筋梗塞が起きます。脳梗塞や心筋梗塞は日本の原因別
の死亡率で2位と4位です。

熊本市南区の歯医者、出口歯科|歯周病と心臓病

②口臭が強くなる
歯周病の原因菌の中にメチルメルカプタンという匂いを出す細菌がいます。
これが口臭の原因です歯も失って人と喋るのも抵抗が出てしまいます。

熊本市南区の歯医者、出口歯科|歯周病と口臭

③誤嚥性肺炎
嚥下機能が衰えた高齢者は食物を飲み込む際にむせる場合があります。
その際に歯周病の原因菌がたくさんいる状態だと食物とプラークが合わさり
気管支に落ち込みます。それにより肺炎が起きるんです。
ちなみに日本の原因別の死亡率で肺炎は5位です。

出口歯科|歯周病と肺炎

④早産
歯周病により慢性的に炎症があるとプロスタグランジンという物質が体内に分泌されます。プロスタグランジンは子宮を収縮させる効果があり、早産が起きる原因となります。

熊本市南区の歯医者、出口歯科|歯周病と早産

⑤糖尿病
歯周病は糖尿病と関連しており糖尿病が増悪すると歯周病も悪化します。
また逆もあるため歯周病を悪化させないのはとても重要です。

熊本市南区の歯医者、出口歯科|歯周病と糖尿病

歯周病の治療法って何があるの?

歯周病で無くなった骨は元には戻りませんが進行を止めて
残った歯を長く使っていく方法はあります。
まず進行を止める治療法からお話しします。

歯周病の進行を止める治療法

歯周病の進行を抑える方法はシンプルで原因であるプラーク、
およびプラークが固まった歯石を除去することです。歯石は歯
科医院にある除去器具で除去しプラークは患者さんに歯ブラシ
やフロスで取っていただきます。

これを習慣化すれば歯周病の進行はストップします。
結構簡単な気がしますが治療回数が長い人だと10回以上かかったりします
。また歯周病は再発するため定期的な管理が必要です。

熊本市南区の歯医者、出口歯科|歯周病治療

日本人は歯が少ない!?

日本人の歯の数は世界的に見てとても少ないんです。
予防大国スウェーデンは80歳で20本歯が残るのに対して
日本人はわずか10本くらいなんです。

その理由は定期検診にあります。スウェーデンの方は90%
定期検診に行っているのですが日本人はわずか3%ほど何です。
今からでも歯を守ることは可能です。入れ歯になる前に行動しましょう!

熊本市南区の歯医者、出口歯科|歯周病で歯がなくなる