インプラントなら熊本市南区の歯医者 出口歯科こども歯科へ

ご予約・お問い合わせ
熊本市南区の歯医者 出口歯科こども歯科クリニックへのご予約・お問い合わせ:096-379-3633
熊本市南区の歯医者 出口歯科こども歯科クリニックの「初診限定」ネット予約
インプラント
*
*
*
歯の寿命が延びやすい
インプラント治療
“インプラント“という言葉を聞いてどんなイメージが湧きますか?
「怖い、痛い、処置が大変…」色々ネガティブなイメージもありますよね。
ただインプラント治療は正しく行えば物凄く価値のある治療になります。
熊本市南区の歯医者 出口歯科こども歯科クリニックでは、精度の高いインプラント治療で、天然歯のような見た目と噛み心地を取り戻すお手伝いをします。

無料インプラント相談の
ご案内

熊本市の歯医者 出口歯科こども歯科クリニックでは、インプラント治療をお考えの方に、治療費用や治療の流れ、入れ歯やブリッジとの違い、インプラント治療のメリット・デメリットなどを分かりやすくご説明させていただきます。
その上でインプラント治療を選択するかどうかゆっくりとご検討ください。ご相談を受けたからといってすぐに治療をスタートするということは決してありません。インプラント治療をお考えの方は、どうぞお気軽にご相談ください。

手術の内容は? 費用は? 耐久性の高さは?
  • ご予約・お問い合わせ
    熊本市南区の歯医者 出口歯科こども歯科クリニックへのご予約・お問い合わせ:096-379-3633

当院では、幅広い症例に対応する
先進のインプラント治療
行っています

安全な手術のための
サージカルガイド

SURGICAL GUIDE

埋入手術を正確・安全にアシスト
事前のシミュレーションで
安心・安全
どこにインプラント治療をすれば安心か、早く終わるか、それが処置前に分かればとても楽ですよね?そこで、熊本市の歯医者 出口歯科こども歯科クリニックでは、事前検査で把握した骨の状態、神経・血管の位置などの情報を基に精密なシミュレーションを行い、シミュレーション通りの埋入をアシストするオーダーメイドのガイド(サージカルガイド)を製作します。
ガイドを使用することで計画通りの安全な位置・角度・深さへインプラントを埋入できるので、余分な切開をすることなく、痛みが少なく短時間の手術で患者さまの負担を大幅に軽減することができます。

さらに!

当院のインプラント治療の
ポイント

  • 肉眼の約6倍
    光学3D 口腔内スキャナー
    iTeroで三次元的データ取得

    光学3D 口腔内スキャナーiTeroで口腔内のデジタルデータを採取し、専用のソフトウェアを用いてCTでの撮影データと合成し、インプラント埋入のシミュレーション及びサージカルガイドを製作します。
    前述の通り、サージカルガイドを使用することでより安全なインプラント埋入手術を行うことができます。

  • 柔軟性があり歯に優しいファイル
    臨床実績が豊富な
    インプラントメーカーを採用
    インプラントのメーカーは数多くありますが、身体の中に埋め込むものなので、高品質で実績のある信頼できるメーカーを選ぶことが大切です。熊本市南区の歯医者 出口歯科こども歯科クリニックでは、長期的臨床の実績が豊富なスイスのストローマンインプラントシステムおよび韓国のMEGAGEAN (メガジェン)インプラントシステムを採用しています。どちらも世界的に高く評価されたメーカーで、幅広い症例にも対応しており、一人ひとりの症例に応じて適したインプラントを選択しています。
  • 根管内を傷つけずに切削・充填
    綿密なカウンセリングと
    丁寧な説明で納得の治療
    納得してインプラント治療を受けていただくために、まずはインプラント治療への様々な疑問をお伺いし、不安を解消しご理解いただけるまで丁寧にご説明します。
    治療内容はもちろん、治療期間や治療費用、使用するインプラントなどについてご不明な点があれば遠慮なくご質問ください。
  • *
    徹底した衛生管理で
    安全なインプラント治療

    診療器具の洗浄・滅菌はもちろんのこと、オペを行う診療室の清掃・消毒の徹底や使い捨て器具の活用で、患者さまに安心してインプラント治療・手術を受けていただける安全な診療環境を整えています。

インプラント治療とは

上部構造(人工歯) アバットメント(土台) インプラント(人工歯根)
自然に噛める「第二の永久歯」をつくる治療
インプラント治療とは、歯を失った部分のあごの骨の中に、生体適合性に優れた純チタン製の人工歯根(インプラント体)を埋め込み、土台となるアバットメントと上部構造(人工歯)を装着して、天然歯のような見た目と噛み心地を取り戻す治療です。
歯を失った際の治療は入れ歯やブリッジもありますが、歯冠の部分までしか作ることができないため見た目や噛み心地が不十分な面もあります。
インプラント治療では歯根まで再現ができるため、しっかり噛める機能を取り戻すことができる第二の永久歯として、近年多くの支持を得るようになりました。
インプラント治療をお考えの方へ
歯を失ったお悩みを
チェック!
  • 固いものが噛めない
  • 周囲の健康な歯を削りたくない
  • 入れ歯にするのは抵抗がある
  • 顎や骨が痩せてしまうのが心配
  • 入れ歯が気になって人前で笑えない
  • 今まで通り食事を楽しみたい

一つでも当てはまる方は、
インプラント治療をおすすめします!

歯を失った部分を補う治療の
メリット・デメリット

  • インプラント治療

    *

    歯が無くなった部位に麻酔をしてフィクスチャーという根っこの部分を入れた後、1~3ヶ月治癒を待ちその後アバットメントという土台を入れます。最後に上部構造という被せ物を入れていきます。2~6ヶ月で処置は完了します。

    メリット
    • 他の歯を削らず、他の歯に対する負担が少ない
      他の方法は周りの歯に負担がかかりますがインプラント治療はそれがありません。
    • しっかり噛める
      歯の本数が減ったり、着脱式だとどうしても噛みづらくなりますがインプラント治療はそういったことがありません。元々あった歯と同じ様に噛める為とても快適です。
    デメリット
    • インプラントの根っこの部分を入れる際に外科処置が必要
    • インプラント治療を行ってから歯が入るまで2~6ヶ月時間がかかる
    • 保険治療ではないため費用が高額になりやすい
  • 入れ歯治療

    *

    歯が抜けた部位の両隣、離れた部位にバネをかける着脱式の装置です。
    入れ歯というとネガティブなイメージもありますが適切に作れば快適に使うこともできます。入れ歯の中には薄い入れ歯や目立ちづらい入れ歯もあります。

    メリット
    • 周りの歯をほとんど削らない
    • 保険診療を選択すれば比較的安価に抑えることができる
    • 比較的治療が簡単で短期間で歯を失った部分を補うことができる
    デメリット
    • 喋りづらい
    • 食べ物が歯茎と入れ歯の間に詰まる
  • ブリッジ治療

    *

    ブリッジ治療は抜くなった歯の両隣の歯を削って土台として、連結した人工歯を被せる方法です。橋渡しするような補綴治療のため「ブリッジ」と呼ばれています。接着剤でくっつけるので取れることはありません。

    メリット
    • しっかり固定できるので違和感が少なく噛みやすい
    • 自由診療であれば、目立たない自然な見た目の再現も可能
    デメリット
    • 歯と歯の間の汚れが取れずらい為口臭の原因になりやすい
    • 他の歯を大量に削るため削った歯が再度虫歯になりやすい
    • 歯が1本無くなるので他の歯にかかる負担が大きくなり、歯に動揺が出る場合がある

インプラント治療の流れ

  • 1

    *
    カウンセリング
    まずは問診票にご記入いただいた内容に沿って、歯を失ってしまった原因や、インプラント治療の不明点、どのような回復をインプラント治療に求めているかなどを時間をかけてじっくりとお聞きします。どんな小さな疑問、不安でも気兼ねなくお聞かせください。
  • 2

    *
    検査と治療計画
    現在のお口の状態やお身体の状態を正確に把握するため、CTやレントゲン撮影、口腔内撮影など、様々な精密検査を行い、それらを総合的に分析して診査診断を行います。
    検査結果によってインプラント治療が適さないと判断した場合は入れ歯やブリッジなどの治療法を提案させていただく場合がございます。
  • 3

    *
    診断に基づいた治療計画を立案・説明
    精密検査の結果を元に、インプラント治療を行うことが可能かどうか、どのような治療法が適切なのかをわかりやすくご説明いたします。ではインフォームドコンセント(説明と同意)を徹底し、受けていただく治療内容をしっかり理解・十分にご検討いただいたのち、納得された上で治療を開始していきます。不明な点がございましたらお気軽にお尋ねください。
  • 4

    *
    手術を安全に行うための「前処置」
    事前の検査で虫歯や歯周病が見つかった場合は、治療やお口のクリーニングを優先して行い口腔環境を整えます。
    歯周病や加齢によって顎の骨の高さや厚みが不足している場合は、骨再生(骨造成)治療も検討し、万全な状態にしてからインプラント手術に臨みます。
  • 5

    *
    インプラント埋入手術
    CTやiTeroでの撮影データを元に適切な埋入位置について入念なシミュレーションを行い、サージカルガイドを用いてあごの骨の正確な位置にインプラント(人工歯根)を埋入し、アバットメント(土台)を連結させます。
    手術の翌日以降から普段と変わらない生活を送っていただけます。
    *

    インプラントの埋入位置によっては、手術を2回に分ける「2回法」で行います。1回目の手術でインプラント体を埋入し、一旦縫合して治癒期間を置きます。治癒期間を経てしっかり骨と結合させてから2回目の手術で埋入箇所を再度切開し、アバットメントを連結させます。

  • 6

    治癒期間
    患者さまの年齢やお身体の状態、インプラントを埋め込んだ場所によって治癒期間は異なりますが、平均して1〜3ヶ月程度で埋め込んだインプラントと顎の骨が強固に結合します。必要があれば仮歯を装着しますので、日常生活に支障はありません。
  • 7

    *
    上部構造の製作
    インプラントと顎の骨が結合したことを確認した後、上部構造後(人工歯)を作製します。ご要望・予算に合わせて様々な素材から選択できます。上部構造を装着後、様子を見ながら噛み合わせをしっかり調整して、インプラントが完成です。
  • 8

    *
    メインテナンス
    インプラント自体は虫歯になる心配はありませんが、インプラントを埋入した部分の歯ぐきが歯周病になってしまうと折角埋め入れたインプラントが抜けてしまうリスクがあります。
    インプラントや残存歯を清潔に保ち、長持ちさせるためにも、ご自宅での歯みがきケアをしっかり行い、定期的に歯科医院へお越しいただきクリーニングやメインテナンスを受けるようにしましょう。
  • お知らせ
  • 医院ブログ
  • コラム
  • 採用情報:共に成長していける仲間を募集!