できる限り歯を削らない・痛くない熊本市南区の歯医者

ご予約・お問い合わせ
熊本市南区の歯医者 出口歯科こども歯科クリニックへのご予約・お問い合わせ:096-379-3633
熊本市南区の歯医者 出口歯科こども歯科クリニックの「初診限定」ネット予約
虫歯治療
*
*
*
できるだけ歯を削らず抜かない
痛みに配慮した虫歯治療
熊本市南区の歯医者 出口歯科こども歯科クリニックでは、少しでも多くの天然歯を残せるように
なるべく歯を削らず抜かないMI(ミニマル インターベンション=最小限の侵襲)治療を行なっています。
また、治療内容を分かりやすく丁寧にご説明し、できる限り痛みを抑えた治療を心がけることで、
患者さまの負担を軽減できるように努めています。

虫歯について

虫歯の原因
虫歯になってしまう原因をご存知ですか?
虫歯は、細菌によって歯が溶かされていく病気です。お口のケアが不十分だと、歯の表面に歯垢(プラーク)が堆積していきます。白いドロッとした物質ですが食べかすではありません。この歯垢に虫歯をつくるミュータンス菌が棲みつき、食べ物の糖分を分解しながら酸を排出します。その酸が歯の表面の硬いエナメル質を溶かしてしまうことで虫歯になってしまうのです。
虫歯のなりやすさ・なりにくさは一人ひとり異なり、元々持っている口腔内の細菌の量や、酸性に傾いたお口の中を中性に戻す「だ液」の力の強さなどが大きく関係しますが、まずは毎日のお口のケアをしっかりと行うことが虫歯予防への第一歩です。

歯が長持ちしやすくなる
精密虫歯治療

PRECISION
DENTISTRY

  • *
    ラバーダム防湿で
    再感染のリスクを回避
    虫歯菌は唾液の中にいます。治療中に唾液が入るのは再度虫歯になるリスクが高くなりますので大切なのは処置中に虫歯の原因の唾液を入れないことです。
    熊本市の歯医者 出口歯科こども歯科クリニックでは、虫歯の再発が起きない様にラバーダムという唾液を入れない器具を使い歯が長持ちしやすくなる治療に力を入れています。

    ラバーダムについて

  • 肉眼の約6倍
    歯科用拡大鏡(ルーペ)で
    適合性の高い詰め物・被せ物を
    肉眼では確認できないほどの微細な隙間でも、細菌が侵入して虫歯の再発リスクが高くなってしまいます。そこで当院では、肉眼の6倍に拡大して患部を診ることができる歯科用拡大鏡を用いてわずかな不適合部分も見逃さず、より完成度の高い詰め物・被せ物治療を行っています。また削る量も最低限に抑えられるので、歯の寿命を少しでも長くすることができます。

    歯科用拡大鏡について

さらに!

痛みの少ない治療にも
力を入れています

  • *
    強力な表面麻酔を使用
    麻酔の最初のちくっとする痛みを軽減させるために、針を刺す箇所の歯茎に麻酔剤を塗り、表面を麻痺させてから注射をしています。
  • *
    超極細の針を使用
    当院では30、33、35Gという超極細の針を使い分けています。
    細い針を使うことで針が刺さる時の痛みを大きく軽減させます。

虫歯の段階とその治療法

*
虫歯を進行させないよう早期発見・治療を!
虫歯にはいくつかの段階があります。初期であれば治療の負担や歯への負担も少なく済みますが、初期段階では自覚症状を感じることが少ないため、痛みを感じた時には象牙質まで進行している可能性があります。さらに虫歯の進行を放置し、治療を先延ばしにしてしまうと虫歯が神経まで進行してしまい、歯を失うリスクが高まります。
熊本市の歯医者 出口歯科こども歯科クリニックでは、虫歯の早期発見・治療のためにも定期検診をおすすめしています。虫歯を発見した場合には、段階に応じた適切な治療を進めていきます。

CO(初期虫歯)

*
  • 症状
    表面のエナメル質が虫歯菌が原因で溶かされている段階です。症状はほぼありません。
  • 治療法
    一般的には再石灰化する場合があるので削らなくても良いと言う考え方があります。しかし歯と歯の間の虫歯であれば再石灰化は期待できないので確認できた場合は治療が必要になる場合があります。

C1(エナメル質が溶けた状態)

*
  • 症状
    表面のエナメル質に虫歯が進行し穴が開き始めている状態です。この状態でも症状はほぼありません。
  • 治療法
    穴を埋める為の治療が必要になります。詰める材料はプラスチック、銀歯、セラミックなどがあります。

C2(象牙質まで進行した虫歯)

*
  • 症状
    象牙質という内部の柔らかい層に虫歯が進行した状態です。この状態になるとしみる症状が出てきます。
  • 治療法
    治療法はC1の様に詰める治療になりますが、場合によっては神経を取る治療が必要になります。

C3(神経にまで進行した虫歯)

*
  • 症状
    虫歯が神経にまで進行した状態です。症状はズキズキと痛む、夜痛む、冷たい物がしみます。
  • 治療法
    歯科用語で歯髄炎という状態になり、ここまで進行すると歯の中の神経を取る必要性が出てきます。ただ神経を取ると、歯が割れやすくなったりするのでこうなる前に治療をしたいところですね。

C4(神経が死んでしまった状態)

*
  • 症状
    虫歯を放置していた場合、歯の中が完全に腐ってしまっている状態です。この時の症状として熱いもので痛みが出たり、膿がたまったことが原因でズキズキ痛む場合があります。
  • 治療法
    残根状態といい、根っこしか残っていません。こうなると多くのケースで治療法が抜歯になってしまいます。抜歯後は、入れ歯・インプラント、ブリッジなどの選択肢があります。

虫歯を予防するために

*
定期的に歯科医院でしっかりメインテナンスを
一度虫歯になった歯は再発を繰り返すリスクが高く、虫歯が進行すれば歯の神経を抜くことになってしまいます。神経を抜いた歯は脆く、最悪の場合抜歯を免れません。
大切な歯を失わないためにも、定期的に歯科医院でクリーニングなどのメインテナンスを行い、虫歯になりにくいお口づくりを心がけてください。
また、定期的にお口のチェックを行うことで虫歯になってしまった場合でも早期発見することができ、初期虫歯の治療であれば歯を削る量は最低限に抑えることができます。
  • お知らせ
  • 医院ブログ
  • コラム
  • 採用情報:共に成長していける仲間を募集!